青空料理人。      大自然とおいしいモノが元気の源。
by 55safari
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


ヤッホー。

久しぶりの山登り。
今シーズンの初冠雪からしばらく経った晴れた日の大山。

で、今回は初めて「ユートピアコース」から上がることに。
わくわく。


c0226010_2136513.jpg


歩いて歩いて大山寺の脇の辺りからスタート。


c0226010_21383047.jpg


まずは紅葉した森のトンネルを抜ける。
空気スッキリ。


c0226010_21563147.jpg


しばらく歩いたら、さぁさぁ気合いの登り坂!
夏山登山道とはちょっと違う結構厳しい?というか「道なの!?」と不安になるような登山道を4人のパーティで。
こりゃ崖だよ、崖。



c0226010_2283541.jpg


ぐんぐん登って3時間。
ユートピア小屋から少し離れた三鈷峰1516mに到着。

暴風ーーー。
さみーーー。
でも、ヤッホー!


c0226010_22111238.jpg


そして、この日はガスひとつなく、東は鳥取砂丘から西は宍道湖までズドーンと一望☆
いや、ここまでの展望は今まででも見たことなかったからね、感動だね。

ちなみに、写真は弓ヶ浜。
「C」みたいな海岸がくっきり。


そんな達成感を胸にユートピア小屋の前でおにぎりやお菓子やラーメンやらを食べる。
うまい。ウマすぎる。
結構寒いけどウマいからガマンできる。


おなかいっぱいになったら、また同じ道をくだる。
登山てそんなん。
登ってくだる。
単純。
でも楽しいのは何でだろ???


c0226010_22272759.jpg


登りが荒れた道ならくだりも荒れていて、膝がゲラゲラ笑うのをこらえながら無事下山。

下山おめでとう!って、くだったところにあった熱々の栗まんじゅうを頬張る。
栗クリーーーーーム!はふはふ。



今回もおもしろかったなぁ。
山はヤッホーだなぁ。

実は登っている時にmyカメラをいつのまにか落としてしまって…
オーマイガー。
で、メソメソする→でもがんばって登る→でもまたメソる→でもやっぱ登る→
で、最終的に「ま、仕方ねっか」。


と、あきらめてたらー。
下山中に奇跡的にみつかって。
わーい。

奇跡の写真アップなのだ(笑)
[PR]
by 55safari | 2011-11-21 22:37 |
<< たっぷりでけた。 みかん星人。 >>