青空料理人。      大自然とおいしいモノが元気の源。
by 55safari
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


桃の収穫と援農。

張り切りレディの私が張り切って待ち望んでいた日。
桃の収穫のお手伝い。

約束の時間a.m.6:00に農業を愛する会のA会長のご自宅に着けるように村野氏を走らせる。
今日も晴れですよ~みなさん!もも日和!


c0226010_22282197.jpg



会長オハヨウゴザイマス。
ヨロシクオネガイシマス!

では早速桃畑へ。


c0226010_22314153.jpg



ご覧くださーい。
白鳳です。
南高梅ぐらいのサイズだった桃たちが大きくなってます。
しかも美しい。
ん、美しいなんて言葉、何年ぶりに使った?
いやホントにすごい美しい。


収穫作業を会長からしっかり習ってお手伝い開始。
デリケートな桃を触る私の責任は重大。
ご迷惑にならないようにがんばったつもりなんですが・・・。


会長と2人、桃の話や農業の話をしながらの作業はいい勉強でした。


c0226010_2249456.jpg



おもむろに会長が「これなんかおいしいと思うよ」と桃を渡してくれた。
も・し・か・し・て?たべていい?


c0226010_22534265.jpg



あのですね。
どう言えばいいか分からないけど、とにかくむちゃくちゃおいしかった。
もう他の桃が口にできないぞー。


c0226010_22574690.jpg



私と同じ食いしん坊がもう1人。
もしもーし お口に桃 ついてますよー!


脚立に上がって2~3個の桃を採り、下りてカゴに桃を置き、そしてまた脚立に・・・と、1人ではホントに大変な収穫作業。
昨日は名古屋から「援農」で2人ほどお手伝いに来られていたそう。
土曜日には会長の娘さんのママ友がたくさんで「援農」に。

小さな援農が大きな援農となりますように。

それにしても、桃を素人にじゃんじゃん触らせる会長の肝っ玉がすごすぎる!と、私は感動してしまいます。



c0226010_2335424.jpg



収穫を終えたら今度は自宅で選果作業。
奥さまも一緒です。

会長の桃は光センサーをあてて糖度を調べています。

c0226010_23361016.jpg


ある桃の糖度は16.10%と。
すごい。
会長の桃は、100%に近い確率で全てが最上級のロイヤルクラス(糖度12度以上)。
すごい。


そこで、糖度13度の桃を食べてみた。
本日2コ目。
歯ごたえしっかり目だけど甘い。

c0226010_2342472.jpg



そこで、今度は14度を食べてみた。
かなりジューシーで甘い。
お気づきのとおり、本日3コ目。


c0226010_23432024.jpg



おいしい桃。いくらでもいけちゃいそう。
食べてばっかりやん。



キレイに箱詰めを終え、最後は納品に向かいます。
農マル園芸にGO。


c0226010_2359859.jpg



陳列中にお客さんと直接お話。
想いが伝わります。


今日は早朝からの半日作業に密着して、今のこの時間になっても高揚覚めやらぬ感じ。
会長の1年で1番忙しい時期は今。
ハードな毎日を送られていますが、なんだかすごく楽しそうにみえるんですよね。
もちろん実際は大変な作業なんですが。

私にとってもいい1日となりました。
ありがとうございました。

また来週、もう1度お手伝いに行ってきます。
今度は清水白桃。
がんばるぞ!


c0226010_0102540.jpg


今日の収穫の喜びを帰りに私にもたっぷりわけていただきました。
80歳になる大叔母のところへ早速持っていきました。
ありがとうございました。
[PR]
by 55safari | 2010-07-21 23:21 | 日々
<< 土用干し。 こーきゅーしゃ。 >>