青空料理人。      大自然とおいしいモノが元気の源。
by 55safari
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


桃の季節がやってくる。

私が住んでいる町は清水白桃の名産地。
春は桃の花でいっぱい。
花見は桜じゃなくて桃でよくない?ってぐらいなかなかの見ごたえ。

去年の夏、初めて桃の販売に関わった。
知らなかったことがたっくさん。
名産地に生まれてウン十年にもなるんだけどねー。

c0226010_20273669.jpg


経験者のIちゃんがいろんなことを教えてくれて勉強になった。


そんな桃。
今がちょうど袋かけの時期。
農業を愛する会のA会長は桃の生産者さん。
袋かけのお手伝いをさせてもらいに行ってきた。


入梅3日目ぐらいのこの日。
前日の大雨が嘘のような天気。
よかった。
雨だと袋かけの作業ができないので。


c0226010_2031488.jpg


笠岡までのワープ中。


c0226010_20322113.jpg


どこを見てもイイ空~。


c0226010_2034241.jpg


そして到着。


A会長の桃畑は3種類の桃を作っていた。
清水・白鳳・夢白桃。


c0226010_20415155.jpg

はじめて使う袋かけセット。
コレを腰に装着。
この日は清水の袋かけ。






立派な南高梅?
と、思ってしまうぐらいまだまだ青くて小さい白桃の赤ちゃん。

c0226010_2045214.jpg



1つずつ丁寧にチェック。
そして袋をかけてギュッと留める。

A会長の桃の育て方。
全てがとにかくこだわりの、情熱の、渾身の作業。
話を聞くのがおもしろい。
私たちは「鉄人」と呼びたい。


c0226010_20533470.jpg


A会長のかわいいお孫さん。
Tくんも慣れた手つきでお手伝い。
私の桃の先輩。


お手伝いになっていただろうか・・・と、なんだか申し訳ないぐらい頻繁に休憩をとってくださって。
暑い日だったのでとても助かりました。
どうもありがとうございました。

全てが手作業、まだまだ続きます。
天気とにらめっこ。
大変な仕事なんです。

今年の桃、甘く育ちますように。



c0226010_2162285.jpg


アンパンマン?ポパイ?マリオ?


白桃を心待ちの皆さま、お楽しみにー。
[PR]
by 55safari | 2010-06-18 21:15 | 日々
<< ごぼう。 お豆腐。 >>